> 短期返済を心がける

短期返済を心がける

5万円借りるならのページでも触れましたように、
小額の融資においては、比較的高い金利となってしまう場合がほとんどです。
そうなってくるとやはり借り入れ期間はできるだけ短く、
できればすぐにでも返済を完了してしまったほうが確実にお得です。

まあ、なんというか「すぐに借りられたならすぐに返す」
管理人の勝手な自論ですが、そういった考え方もアリではないかと思います。

そんな流れで、ここまでのお話をまとめてみると、

・ 即日融資なら ⇒ 消費者金融
・ 小額の融資だと = 高金利
・ 高金利ゆえに ⇒ 短期返済
・ 短期返済 ⇒ 金利分はどこもそれほど違いはない

こんな感じでしょうか?

短期返済のメリット

借り入れを行った際に短期返済を心がけるべき、
というのは特に小額の融資に限った話ではありませんが、
高額の融資の場合は、そうそう簡単に返済できるわけでもなく、
おのずと長期にわたる返済となってしまいます。

小額の融資なのですから、次の給料日には完済する!
ぐらいのペースを守ることが多重債務に陥らない為の鉄則だと考えます。
短期返済を実行していれば、最悪毎月利用する事だって可能です。
でも、毎月となってしまうと、非常に危険ですから(笑)
そこはなんとか乗り切れるように努力をしなければですね。

まあ、毎月はちょっと極端な例ですが、
またどうしてもちょっとだけ足りなくなってしまった場合に、
再度借り入れを行うことができます。これは非常に大きなメリットだと思います。
いざというときに、頼りになる借り入れ先があるということは、
精神的にも余裕を持てるということにも、つながるかと思えます。

返済に遅れてしまう場合

返済期日には遅れないで、きちんと返済を行うことは鉄則ですが、
なんらかの止むを得ない理由で、返済が遅れてしまうという場合もあります。
もしもこういった場合にはどうするのがベストなのかといいますと、

まず、遅れてしまうことがわかった時点で、出来るだけ早く業者に連絡を入れて
確実に返済が可能な日時に返済を行う旨を伝えましょう。

もちろん、こちらの一方的な都合によって返済が遅れてしまうわけですから、
誠意を込めて謝罪することはいうまでもありませんね。
できれば本来の返済期日よりも前にこういった連絡を入れることが大切です。

大抵の場合は、こうすることで返済期日を先延ばしにすることを承諾してくれるはずです。
また、きちんと連絡を入れることで、あなたの信用度が極端に下がることも避けられます。